メインコンテンツ

ブライダルフェアは誰と行く?

ブライダルフェアに誰と行くか、そしてその際のアドバイスや注意点について、具体例を交えて詳しくご説明します。

ブライダルフェアへの同伴者

ブライダルフェアには、一般的にはカップルで参加することが多いですが、友人や家族、または一人で参加することも可能です。約1割の参加者がカップル以外で参加しており、その理由としては、二人の休みが合わない、彼が忙しい、結婚式に乗り気でないなどが挙げられます。

アドバイス

  1. 参加者の選定:
    友人と参加する場合は、結婚式に対する知識が豊富な既婚者や、ファッションに詳しい友人がおすすめです。
    家族と参加する場合は、両親や兄弟姉妹と一緒に行くと、家族全員の意見を反映させることができます。
  2. 事前の準備:
    参加するブライダルフェアの内容を事前にチェックし、どのような情報を得たいのか、何を重視して式場を選ぶのかを明確にしておきましょう。
  3. 予約の確認:
    友人との参加が可能かどうか、事前に式場に確認しておくことが大切です。また、大人数での参加は避け、2人での参加が推奨されています1。

注意点

  1. 試食会の参加:
    友人と参加する場合、試食会に参加できないことがあります。カップル限定のイベントかどうかを確認しましょう。
  2. 特典の確認:
    式場紹介サイト経由で予約すると特典がもらえることがありますが、カップル限定の場合もあるため、事前に確認が必要です。
  3. 最終決定はパートナーと:
    友人や家族との意見も参考にしつつ、最終的な決定はパートナーと行うことが重要です。本命の会場は、パートナーと一緒に訪れることをお勧めします。

具体例

友人との参加:
Aさんは、友人とブライダルフェアに参加しました。友人は既婚者で、結婚式の経験から有益なアドバイスをもらうことができました。試食会はカップル限定だったため参加できませんでしたが、その後彼と再訪問し、最終的な決定を行いました。

家族との参加:
Bさんは、両親とブライダルフェアに参加しました。親の意見を聞きながら、家族全員が納得する式場を選ぶことができました。また、親との参加により、結婚式の費用についても相談しやすかったです。

ブライダルフェアは、結婚式場選びにおいて非常に有益なイベントです。上記のポイントを参考にしながら、自分たちにとって最適な式場を見つけてください。また、フェア参加は楽しいイベントの一つです。リラックスして、二人の大切な一日をイメージしながら参加することをお勧めします。

ブライダルフェアは料金はかかるの?

ブライダルフェアに関する料金、アドバイス、注意点について、具体例を交えて詳しくご説明します。

ブライダルフェアの料金
ブライダルフェアは、基本的に無料で参加できることが多いです。しかし、内容によっては有料の場合もあります。例えば、フルコースの試食が付いているフェアや、特定のホテルのフェアでは、参加費がかかることがあります1。平均的な有料フェアの費用は、約2,000円程度とされています。

ブライダルフェア参加時のアドバイス

  1. 事前の準備:
    フェアに参加する前に、結婚式に対する希望や予算をパートナーと話し合っておきましょう。
    予約は、式場紹介サイトを利用すると特典がある場合が多いです。利用を検討してみてください。
  2. 当日の行動:
    フェア当日は、式場のスタッフの質や、料理の美味しさ、会場のアクセスなどをチェックしましょう。
    写真撮影が許可されている場合は、会場の様子を写真に収めておくと後で振り返る際に役立ちます。
  3. 契約に関する注意:
    「その場で契約はしない」という心構えを持ち、家に帰ってからじっくり検討しましょう。
    見積もりは最大限の内容で作成してもらい、後で追加費用が発生しないようにしましょう。

注意点

  1. 拘束時間:
    ブライダルフェアは、通常2~3時間程度を要します。一日に複数のフェアを予定する場合は、時間に余裕を持ってスケジュールを立てましょう。
  2. 営業戦略:
    当日特典に惑わされず、自分たちのペースで式場を選びましょう。
  3. 持ち込み料:
    持ち込みが必要なアイテムがある場合、その費用を確認しておきましょう。
  4. 平日と週末:
    平日のフェアは比較的空いており、ゆっくりと見学できることが多いです。
  5. 口コミの確認:
    口コミサイトも確認し、実際にフェアに参加した人の意見を参考にしましょう。

ブライダルフェアは、結婚式場選びにおいて非常に有益なイベントです。上記のポイントを参考にしながら、自分たちにとって最適な式場を見つけてください。また、フェア参加は楽しいイベントの一つです。リラックスして、二人の大切な一日をイメージしながら参加することをお勧めします。

ブライダルフェアに行くときはスニーカーやジーンズでいっていい?

ブライダルフェアに参加する際の服装は、カジュアルでもフォーマルでもない、いわゆる「きれいめカジュアル」が望ましいとされています。スニーカーやジーンズを選ぶ場合も、清潔感があり、整った印象を与えるアイテムを選ぶことが重要です。以下に、男性と女性の服装についてのアドバイスと注意点、具体例をまとめました。

男性の服装アドバイスと注意点

スニーカーを履く場合:
清潔でシンプルなデザインのものを選びましょう。
スポーツ用ではなく、ファッション性の高いスニーカーが好ましいです。

ジーンズを選ぶ場合:
ダメージジーンズや派手な装飾がない、シンプルなデザインのものを選びましょう。
濃紺や黒など、落ち着いた色のジーンズが望ましいです。

全体のコーディネート:
ジャケットやブレザーを合わせることで、カジュアルさを抑えつつ、きちんと感を出すことができます。
襟付きのシャツやポロシャツを選び、Tシャツは避けるか、ジャケットでカバーしましょう。

女性の服装アドバイスと注意点

スニーカーを履く場合:
ファッション性のある、きれいめなスニーカーを選びましょう。
汚れが目立たないよう、事前にきれいにしておくことが大切です。

ジーンズを選ぶ場合:
スキニーやストレートなど、シルエットが綺麗なデザインを選びましょう。
カジュアルすぎないトップスやジャケットと合わせることで、バランスを取りましょう。

全体のコーディネート:
ワンピースやスカートと合わせることで、フェミニンさを演出できます。
アクセサリーや小物で上品さをプラスすると、より良い印象になります。

具体例

男性のコーディネート例:
ネイビーのジャケット
白の襟付きシャツ
濃紺のジーンズ
茶色のレザースニーカー

女性のコーディネート例:
ベージュのノーカラージャケット
白のブラウス
ネイビーのストレートジーンズ
白のキレイめスニーカー

まとめ

ブライダルフェアに参加する際は、スニーカーやジーンズであっても、きれいめで整った印象を心がけることが大切です。清潔感とファッション性を兼ね備えたアイテムを選び、全体のバランスに注意しながらコーディネートしましょう。また、会場内での移動が多いことを考慮し、歩きやすい靴を選ぶことも忘れないでください。これらのポイントを押さえて、ブライダルフェアを存分に楽しんでください??。

ブライダルフェアに行く時の服装

結婚式場

ブライダルフェアに行く際は、カジュアルすぎる服装は避けましょう。特に高級ホテルなどでは、穴のあいたジーンズ、男性の短パンやサンダルなどを禁止するところもあり、あまりラフな服装だと回りから浮いてしまいます。

しかし、ブライダルフェアでは結構歩き回るので、靴は履き慣れた歩きやすいものを選びましょう。

続きを読む

フェアに参加する前に

結婚式場

ブライダルフェアでは、相談コーナーが設けられていて、そこで担当のスタッフに質問したり、予約の空き状況を調べてもらったり、見積りを出してもらったりできます。

気になる見積り書を作成してもらうには、最低でも日取りとだいたいの招待客数が必要になるので、この2つだけは答えられるようにしましょう。ドキドキの見積り提示ですが、実はこのタイミングで、スタッフからお得なプラン紹介があることも。

続きを読む

注目!試食会

結婚式場

ブライダルフェアでは、模擬挙式や模擬披露宴、ドレス試着やウェディングドレスのファッションショー、婚礼料理試食などが行われます。

さまざまなイベントの中でも今最も多いのが婚礼料理試食会。おもてなしにはとっても重要な実際の婚礼料理が試食できるのもブライダルフェアの魅力ですね。

続きを読む

ブライダルフェアのチェック項目

結婚式場

ブライダルフェアはただフラッと歩いているだけでは何も得ずに終わってしまいます。事前にチェックポイントをリストアップして、納得のいく会場を見つけましょう。

会場のテーブルレイアウトは円卓、または晩餐会スタイルと言ういわゆる流しが一般的ですが、希望のレイアウトが叶いますか。

続きを読む

フェア来場特典を利用しよう!

結婚式場

気になる会場を絞ってブライダルフェアに参加するなら、事前に予約をしてつきっきりで案内してもらいましょう。

その会場や披露宴について会場スタッフからじっくりと話を聞きけますし、順を追って案内してくれるので、当日の流れもイメージしやすいでしょう。

続きを読む